電気メーター取替工事とは

TOP > 電気メーター取替工事とは

電気メーターには使用期限があることをご存じですか?

 計量法第72条ならびに計量法施行令第18条の規定により、 電気メーターの使用期限は最長10年と定められています。
 当社では、東京電力の委託を受け、お客さまの電気メーターの検定有効期間満了に伴なう定期取替を行っています。
 なお、2014年からは、毎月の検針業務の自動化やHEMS(住宅用エネルギー管理システム)等を通じた電気使用状況の見える化を可能とする電気メーターであるスマートメーターへの取替工事を行っております。

取替時の事前お知らせについて

 取替工事にお伺いするときは、下記のチラシを事前に配布させていただきます。
 紙面により工事予定日をお知らせいたします。(ご入居の方の変更などにより、お名前が相違している場合もございますがご容赦くださいますようお願い申し上げます)
※交換するスマートメーターの種類によって、チラシが異なる場合がございます。
電気の供給者変更(契約切替)のお申込みをいただいたお客さまへは電話またはチラシで事前にお知らせいたします。
定期取替の事前お知らせについて

訪問する作業員について

 スマートメーターの取り替えに伺う作業員は、写真入りの身分証明書を必ず携帯しています。
※地域によって服装が異なる場合がございますが、「委託従事者証」は必ず着用しております。
  • 作業員の服装作業員の服装
  • 身分証身分証
お問い合わせ先 計器工事部 TEL 048-765-0155

よくあるご質問

電気メーター(電力量計、単独計器)ってなんですか?
一般のご家庭等についている電気の使用量を量るメーターのことです。
電気メーターの種類は?

種類は、次のとおりです。

相および線式 定格電圧(V) 定格電流(A)
単相2線式 100・200 30・60・120
単相3線式 100
三相3線式 200
電気メーターの取替はなぜ行うのですか?
電気メーターを料金取引に使用する場合には、「計量法」により検定合格したもので、しかも検定有効期間内であることが義務付けられています。このため検定有効期間内に、新たに検定を受けた電気メーターに取替させていただいております。この取替工事を、失効替工事と称しています。
電気メーター取替に当っての費用は、無料です。
なお、2014年度以降従来型電気メーターからスマートメーターへの取替えを順次実施しております。
計量法とは?
産業・文化・社会を発展させるためには、正確な計量を確保するための計量制度が不可欠です。
計量法は、この制度の骨格をなすもので、取引・証明に使用する計量単位、計量器の精度を確保するための処置 (検定)などが定められています。その中で電気メーターの有効期間は、10年と定められています。
また、計量器等の使用の制限は、計量法第十六条第一項に、検定証印等の有効期間を経過したものは、使用できないことになっています。
電気メーターの指示数はなぜゼロではないのですか?
電気メーターは出荷の際、検査を行います。その検査で多少回りますのでゼロ(kWh)から始まりません。
Pagetop